最近は毎年恒例のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。年々予防注射をする人数も増加していきていますが、都市部では結構な数の人数がインフルエンザになっています。

感染経路は様々考えられますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と触れる場所で感染しているのではないでしょうか。

アトピーだと大変に耐え難い症状が出ます。暑い寒いを問わず1年中痒みとの我慢比べになります。汗をかく夏場は痒みが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。

便秘にいい食べ物を毎食摂っています。

ヨーグルトです。毎朝食しています。
食べている間に、便秘が好転してきました。あれほど頑固で、ひどかった便秘が治って便秘薬を飲むことも なくなっちゃいました。

今ではポッコリしていた腹部も、痩せてきていて嬉しいです。

私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、やっぱりビオフェルミンなのです。

まだまだ子供だった頃から市販されていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、いつだって私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなります。子供がアトピーだとわかったのは、まだ2歳の頃でした。
膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。
ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。
結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、かなりひどい見た目でした。いろんな治療法を片っ端からやってみても、効果を全く感じなかったのに、住む場所を変えたところ、直ちに肌がきれいになり、酷い痒みもおさまりました。

いっそ環境を変えてしまうのも、アトピーに効果的かもしれません。
うんちがでなくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口臭の原因となります。どのように毎食後歯ブラシをして、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、口臭は腸から胃を伝わって不要物を出そうとし、口の臭いになってしまうのです。この時、便通が改善されると、口の臭いも同時に改善されると言われています。

そもそも、インフルエンザは風邪と異質なものと聞きます。その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、3日から7日は最低それが続きます。種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など少々違いが見られます。

でも、肺炎を併発したり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、恐ろしくもある感染症です。昔から、乳酸菌が身体に優しいのは有名な事実ですが、一方で効き目のない説もあります。

これについても本当かどうかなんてわかりません。

そのわけは、体質には個人差というものがあるほか、乳酸菌はあくまでもただの菌なので、即効性が期待できる治療薬ではないからです。

まず、合うかを試してから考えましょう。

インフルエンザを患ってしまったら、まずは栄養だけでもしっかりと摂取しなければなりません。薬ももちろん重要ですが、何より栄養を補給することも重要です。一刻も早くインフルエンザを完治させるためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

朝昼晩と食欲がわかなくても、消化しやすく栄養があるものをすぐに摂ってください。