目の健康を守るためには、まず自分の目に病気、トラブルがあるかどうかを知る事が大事です。
私はコンタクトレンズを使っていますが、購入するときに毎回目の検診を受けています。眼下検診では自分の目に異常やトラブルがないかなどを見てもらえます。

また度数のあっていないコンタクトを装着することは、眼精疲労を引き起こしてしまうこともあります。定期的に眼科を受診し目の健康に気をつけるようにしています。

現代という時代は、目を使いすぎています。パソコンやスマホ画面が発しているブルーライトは目の健康に対して非常に悪影響を与えています。

しかし現代ではこれらは日常の生活にとってなくてはならないです。
それでは健康な目にするために何ができるでしょうか。第一に悪影響から遠ざけることです。そのためにブルーライト軽減メガネというものが売られています。
また、疲れてしまった目を休ませることも大切です。お手軽な方法としては、蒸しタオルなどで目を温める事によって目の周りの血行を良くして、目の疲れをとります。最近スマホをよく使うようになったのですが、長時間ゲームなどをしていると目に違和感を覚えます。
この症状が眼精疲労だということを始めて知りました。

この眼精疲労は肩こりや頭痛の原因にもなりえるそうです。目がショボショボしてしまったら、私は自分でできるツボ押しをしています。
ツボは清明という場所で、清明というツボがありそこを押さえます。
ここの指圧が一番効果が高く、目がすっきりします。眼精疲労では、重症として肩こり、頭痛、吐き気から目の疲れやかすみ、ぼやけるといった軽いものまでさまざまですが、だいたいがドライアイに起因するもの以外では、首や肩の血行不良が原因と言われています。
頭の重さを支える筋肉の緊張によって眼精疲労を起こす原因の一つです。

特に肩甲骨周りの緊張が頭痛を引き起こすこともあるので、肩甲骨をぐるぐると回し、肩甲骨を回し、首周辺の凝り固まった筋肉と血液の血流を浴することが大事です。

近視なのにパソコンで作業をすることが多く、疲れ目になりやすいタイプです。

眼精疲労の回復のために、蒸しタオルを使ってこまめに目を温めること、遠くの景色をみることや眼球を上下左右に動かす運動も効果があります。

更に、眼精疲労は目に症状が出るだけではなく、肩こりや体の歪みによる姿勢も関係ありますので、ストレッチを行い、体を動かして血行を改善させるとより効果的です。
大切なのは、体全体のバランスを整えようとする意識です。
眼精疲労の原因は、パソコンやスマホなどのLEDディスプレイから流れるブルーライトが原因で、スマホが浸透したことで、若年層でも眼精疲労になやんでいる・・・とよく言っていますね!簡単に直したい場合は「ブルーライト軽減シート」を貼り付け「PCメガネ」を使用が効果的です。
以前は私も眼精疲労に困っていたのですが、こ「ブルーライトカットフィルター」と「PCメガネ」のおかげで、症状が緩和しました。

皆さんも一度、試してみてはいかがでしょうか?PCでネットの記事などを長時間見ていると数年前まではどうもなかったのがここ最近は目の奥のほうがモワーンとして頭痛がするようになりました。眼科で診療しても異常はなく疲れてますねと目薬をいただきました。

しかし目薬を使っても、一時凌ぎにしかならずパソコンをの文字を読んでいると目が重く感じます。

そこで目によいサプリメントを調べたところブルーベリーとルテインが効果的というので現在そのサプリメントを取り入れた生活をしています。
仕事の最中に目がチカチカしてくると、パソコンの画面が見えにくいなと感じます。チカチカが視界全体に広がると目の前の物がよく見えず、激しい頭痛に襲われます。あれを思い返してみるだけでも具合が悪くなります。眼精疲労の原因は、極度の精神的疲労と片頭痛です。
痛みが来る前兆があれば鎮痛剤を飲んだり、精神的ストレスを回避するなどで未然に防ぐことができます。

こうすることで、最近は発生する回数がかなり減ってきています。
30代を過ぎると、目の周りの筋肉が衰えて、目じりが下がってきます。

それは表情筋と言われる筋肉が過労により衰えるからです。特に近年、パソコンやスマホーとフォンが普及したことで、目を酷使する人も増えました。

長時間眺める場合は、休憩をはさみ、遠くの自然を見ることをお勧めします。
また回復方法は入浴の時に周辺を温める事や、マッサージをオススメします。目の疲労には冷やすことよりも温める方が効果的ですので是非お試しください。
PCやスマホの浸透で目を酷使することが日常化しています。いつのまにか、眼精疲労になっている方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
そのままにしておくと視力低下の他に頭痛や肩こりなど身体のあちこちに影響が出てきます。そして、女性の場合は、血行不良や目の下にクマが出てしまうなど、美容面でも、男性以上に気になる部分も出て来ます。

眼精疲労を感じたら、いえ、感じる前に目を休めることがとても大切です。