去年の夏に白内障の手術をしました。

この白内障はアトピー性のものと診断されました。
手術当日は、待機室に入り目薬を何度かさします。
私以外は高齢者の方ばかりでした。

手術直前に麻酔の目薬を打って、手術台に寝て手術開始。

痛みは全然感じませんが、高周波でレンズを砕くために高音の出る機械を使用したり、レンズ交換の時に目玉をぐりぐりといじられるため苦手な人もいると思います。片方のずつしか手術ができないので、両目をする場合は日の間隔が空きます。

眼精疲労は、現在PCやスマホで目に負担のかかることが多くなり現代病ともいえると思いますが、ひどくならないように対策することができると思います。
スマホ、パソコンなどの画面をずっと見ていると体は固くなり緊張状態になりつつあります。その状態と眼精疲労から肩こりなどにつながります。

なので、緊張をほぐすためのストレッチをやったり、時々PCやスマホから視線を外して別の場所を見ながら眺めるだけで良くなっていきます。3年前の朝のことです。

「ん?新聞の字が読めない」ついにきた、老眼です。

文字を読んでも、食事をしても目が疲れてしまいます。
その日から、目の使い過ぎに気をつけ、必要ないならTVやPCは見ない、眼に対して優しい習慣づくりをしました。

なにより目を大事にしています。このような習慣を心がけることで、ずいぶん眼精疲労を感じることが少なくなりました。
私が眼精疲労を自覚するのはPCを長時間使っていた時や、長時間のパチンコをした時です。終わった後は目の疲労感はたまりません。遊んだ後は目がチカチカしてきます。

コンタクトの影響で、乾燥も関係していと思います。これはスッキリ効果よりも目に潤いを与えるものだと思っています。

画面に「ブルーライトカットフィルター」を貼り後は洗顔をして少しの間、目を水につけます。
それから濡らした清潔なタオルで目を覆います。最近はパソコンやスマートフォンの普及で、毎日目を使い過ぎてしまいがちです。

いつのまにか、眼精疲労になっている方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
そのままにしておく事で、視力が低下してしまったり、頭痛や肩こりを引き起こしてしまうなど身体のあちこちに影響が出てきます。
女性の場合下まぶたのクマや血流の停滞など、美容に関しても気がかりなものです。
眼精疲労を感じてからでは遅いのです。
感じる前に目を休めることが重要なのです。現代人は目を酷使しています。

パソコンやスマートフォンなどからの画面から発する、ブルーライトは目の健康に対して非常に悪影響を与えています。

しかし現代ではこれらは日常の生活にとってなくてはならないです。
では、目を労わるために何をすれば良いでしょうか。
まず悪影響を及ぼすものから目を守る事です。ブルーライト軽減するグッズなどを使用するのがオススメです。
また、疲れてしまった目を休ませることも大切です。簡単な方法としては、温かい蒸しタオルなどで目を温めて血行を良くしてやることです。

目を多く使うと充血、苦痛、視力低下といった不愉快な症状が、すぐに現れますので、適切な対処法がが必要になってきます。
パソコンなどでの作業をしている時は、目を閉じるようにして目を休めたり温たり、眼球を回して体操をすると疲れを少し取り除く効果があります。

日常的にケアをするために、ルテイン、ビルベリーなど目に良いとされるサプリメントを活用することも、目の保養の為に効果があると思います。

事務の仕事をするようになって、目がより疲れるようになりました。以前は販売職をしていて、PCに張り付いて作業することはほとんどありませんでした。

今の仕事はパソコンに入力したり、表や会議のまとめをして印刷したりとよく目を使います。首が痛んだり肩が張ったりするのは、整体に行くと疲れ目が原因と言われました。なるべく眼を休めようと、休憩時間に目を10分程度つむるなど、意識して色々な対策をしていますが、毎日が疲労の積み重ねになります。

最近、若い女性のメイクアイテムとして無くてはならない物が、カラーコンタクトです。派手すぎない、自然なメイクをする人でもカラーコンタクトは必要不可欠なものとなりました。カラーコンタクトを装着する上で一番気になるのが目の乾燥です。
普通のものよりも厚く酸素の透過率が悪いので着用時間はしっかり守りましょう本来は視力が良い方も使用することがある為、お手入れの知識をもっておらず、不衛生な取り扱いで結膜炎などの病気になってしまう危険性もあります。

カラーコンタクトを使用される前には説明書をよく読み、正しい方法で使用しましょう。

30代を越えて歳をとると目の付近の筋肉が弱まり目じりが下がってきます。理由は、目の筋肉と言われる表情筋が衰えるからなのです。特に今流行りスマホやパソコンによってずいぶんと目に負担をかけることが増えてきました。

長い時間見ている場合は休憩の時にでも遠くの緑を見ることも良いでしょう。

また、風呂に入った時にできる回復法として、目の周りを温めたり、マッサージすると良いでしょう。

目の周りを温めると疲れがとれる効果があるので、一度お試しいただければと思います。