目を使いすぎると、目に痛み、充血などの異常が現れたり、視力の低下などの不快な症状がすぐに表れてくるので対策を打つ必要が出てきます。パソコンでの作業を1時間以上続ける場合は、1時間に1回は1時間に1回は目を閉じて目を休めたり、目の周りを温めてみたり、眼球を回し目の体操をすると疲れが和らぎます。
普段から目をいたわるためにルテイン、ビルベリーといった目に良いといわれるサプリメントを取り入れることも、目の健康を維持するために効果的だと思います。最近スマホをよく触るようになり、ゲームなどで長時間触っていると目に違和感を覚えます。

これが眼精疲労だとこの前知りました。眼精疲労も悪化すると肩凝りや頭痛の原因になるようです。
目がショボショボした時にわたしは眼精疲労に利くツボを押しています。

目頭と鼻の先に目頭と鼻の先の間を押さえると、これ最大の効果があり、目の疲労が和らぎます。

パソコンで長いことネット記事を読んでいると2、3年前までは何ともなかったのですが、近頃は眼球の奥が重く感じる気がし、頭痛がするようになりました。眼科に行っても病気とかはなく眼精疲労に効く目薬を処方していただきました。しかし目薬をさしても一時しのぎのようでパソコン作業をしているとまた目の調子が悪くなります。
いろいろ検索して目に効果のあるサプリメントとして、目には、ブルーベリーとルテインが良いとの情報が多くそのサプリメントを飲んでいます。視力の落ちる原因は、遺伝もあると言われます。
親も視力がわるいためか中学生の時から少しずつ視力が落ちていき、今では視力検査の際に現在は視力検査の時に眼科の先生がカードを持って測ります。
(0.0~)のレベルです。
これ以上悪化しないように一休みの時は遠くの山を見るように心がけたり、ホットマスクで目の疲れを癒し、目の回りの筋肉をほぐしたり対策をしています。

視力の回復まではできませんが、目の疲労が取れやすくなったように感じています。
現代では、一人につきパソコン並びにスマホを一台持ち、コンタクトも身近に簡単に手にするようになり、間違った使用で眼精疲労に限らず目のトラブルは増加しています。またデスクワーク等の疲れ目の対策は一時間に一度、10分間の休憩で目の回りのストレッチや温アイマスク等で血の流れを良くすると楽になります。スマホ画面から出る光は脳を覚醒させるので就寝前は目が覚めてねむりにくくなるのです。
すきま時間に目のストレッチを行うのも効果があります。子供が小学生だった頃させていたのは、ゲームのやった後に遠くの景色を見る事です。ただ単に遠くの景色を見るのではなく緑の木などに焦点を当てます。ゲームをした事で長時間近くにあった遠くに合わせる事で目の緊張をほぐし疲れを取ります。時間は5~10分くらいです。

木などの自然の緑は、目の疲労を取ってくれます。
こうやって視力の低下を予防しました。
3年ぐらい前の朝、「新聞の文字が読めない」と思った日から始まったのです。

老眼ですね。

文字を読むのも、ご飯を食べる時も、とにかく目の疲れを感じます。

老眼になってからは、目をいたわりムダにテレビやPC画面は見ないようにし、大好きな読書は、時間を決めて、とても目をいたわっている。

寝る前には熱いタオルを目に乗せ、温かくしてから寝ます。

日々の生活に取り入れると、目の疲れはだいぶ良くなりました。疲れ目を良くするには、作業の合間にほんの少しの時間でも、眼を一度完全に休ませましょう。パソコン等から眼を離し、眼を閉じて3分程度眼をつぶってそれをキープしておきます。時々、両手で眼球を軽くマッサージすると心地よいです。これを一時間置きに行うだけで随分、眼精疲労は抑えられます。眼精疲労がひどい時にはハンカチやタオルを水でしぼり、まぶたの上に乗せてもよく効きます。きょろきょろするだけで変わってきます。
眼科へコンタクトの交換にいくと、診察の結果緑内障と診断されました。

先生いわく、ある程度の年齢になったら眼科で受診をした方がいいと。
目の病気は人間ドッグでは見つかりませんとおっしゃっていました。
目も臓器の一つなので使い続けると何らかの病気や不具合が出てくるものだそうです。特に白内障に関しては加齢とともに出てくることが多いので、早期の発見と一刻も早い治療が肝心だとアドバイスを頂きました。今では毎月眼科の先生の診察を受けています。

去年の夏に白内障の手術を受けました。アトピー性が原因で発病した白内障でした。

手術当日には、待機室で何回か目薬をさしました。私は30代ですが他の手術を受ける人たちは高齢者が多かったです。
手術の直前に麻酔のめぐすりをさし、手術台に横になり手術は始まります。

痛みはまったくありませんが、高音のでる高周波で濁ったレンズを壊す機械を使用したり、レンズ交換の時に目玉をぐりぐりといじられるため苦手だと感じる人はつらいかもしれません。片方ずつしか手術ができないので、両目を治療する場合は期間をおきます。