パソコンやスマホの普及によって最近では、日常的に目を酷使しています。

自分自身が気付かない間にたくさんいるのではないでしょうか。

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
放置すると、視力の低下、頭痛、肩こりなど身体のいろんな部分に影響が出てきます。
女性の場合目の下の隈や血液の流れが悪くなり、美容面でも悪影響を及ぼしかねません。
眼精疲労と気づいたら、いや、気づく前に目を休ませることがとても大切なのです。

長時間スマホの画面を見続けたり本を読んだりしていると、眼精疲労になってしまいます。

そんな作業を続けた時は、目の周りのツボを押すようにしています。
10回ほど押して、その後は目をしばらく閉じます。そうする事によって眼の疲れてはかなり回復してます。

他にはまばたきを意識して行います。

ドライアイの予防になるほか、視力低下の予防や目の保護ができます。

眼精疲労では、肩こりや頭痛、吐き気など重いものから、軽い症状では疲れ目や、ぼやけ、かすみなどありますが、ドライアイが原因になるものを除けば、首や肩の血行不良とか、頭を支える筋肉の強張りなどから凝ってしまう場合が多いようです。また、肩甲骨のあたりが張ると頭痛を引き起こすので、特に肩甲骨周りが凝ると酷い場合には頭痛にも繋がりますので、肩甲骨を回して、肩甲骨を回し、首周辺の凝り固まった筋肉と血液の血流を浴することが大事です。

本来視力が良いほうなので、今まで目の健康について考えたことはなかったのですが、このごろはパソコンやスマホの画面を長時間見ることで、目の疲れを感じるようになりました。
年齢的には徐々に老眼鏡が必要となるころですが、できる限り今の視力を維持したいので、長い時間画面を見続けることは避けて、妥当な間隔で、軽く目を閉じたり、遠くの景色を見たりと気を遣っています。些細なことですが、やらないよりは効果があるようです。近眼の上、仕事でよくパソコンを使いますので疲れ目になりやすいタイプです。
眼精疲労を回復させるために、小まめに蒸しタオルで目を温めたり、遠くを見たり、眼球を上下左右に動かしたりすることも効果的です。

眼精疲労になる原因は目だけが疲れているわけではなく、肩こりや体の歪みによる姿勢も関係ありますので、体全体をストレッチなどをして動かして血流を良くするとより効果が得られます。身体全体をバランスよく整えることを意識してやります。
子供が小学生のころにやらせていたことですが、ゲームをした後は遠くの風景を見ることです。

単純に遠くの景色を見るだけではなく、山の緑の木を一点集中で見ます。

ゲームによって長く近くにあった遠くに合わせる事で目の緊張がほぐれ疲れも取れます。

疲労を和らげます。

特に、自然の緑色は目の疲れを癒すのに効果的です。

このような方法で、子供の視力低下を予防しました。

昨年、白内障の手術を受けました。
目元のくすみには、北の快適工房が販売しているアイキララが人気みたいです
アイキララの口コミでは、1ヶ月も使い続けると目元がパッと明るくなったなどが
ありましたが、本当に塗るだけでそんなに変化があるのでしょうか?

アトピー性により発症した白内障です。手術当日には、待機室で何回か目薬をさしました。私は30代ですが他の手術を受ける人たちは高齢者が多かったです。直前に麻酔の目薬を打ち、手術台の上に乗っていよいよ開始。痛みなどはぜんぜんありませんが、高い音が出る高周波で濁ったレンズを砕く機械を使ったり、レンズ交換の時に目玉をぐりぐりといじられるため苦手な人は苦手かもしれません。片目づつの手術となるので、両目の手術をされる場合は期間が必要です。
失明してしまうということはとても困りますが知人の中に白内障にかかった人がいますし、私もハサミなのか何かが目に落ちて切れて、眼帯をしばらく装着していたことがあります。その時のようにならないように普段から気をつける必要があります。
危険なものは高いところに置かない、危険な置き方はしない目が疲労しないように息抜きをすることもいいですね。

最近の若い女性のメイクアイテムの中で、欠くことができないのがカラーコンタクトです。ギャルメイクのみならず、ナチュラルメイクでも今やカラコンは必須アイテムのようです。カラーコンタクトを使用するうえで一番気がかりなのだ目の乾燥です。

通常よりもレンズが厚く酸素の透過率も悪いため、必ず着用時間を守りましょう。。本来コンタクトを使う必要がない人も使用することがあるのでレンズの手入れに関しての知識がない衛生状態の悪い管理によって結膜炎などを発症する人もいます。
使用前に説明書をよく読み、使う事が望ましいアイテムです。約3年前の朝、新聞の字が読めないと感じたのが始まりです。

ついに、老眼です。
字を読む、食事をするなど、とにかく目が疲れます。

この日が来てからは、目を大事にし必要ないならTVやPCは見ない、趣味の読書も時間を決めて行い、とにかく、目をいたわっています。
このような習慣を心がけることで、ずいぶん眼精疲労を感じることが少なくなりました。
日々の習慣とするだけでずいぶん症状は改善しました。